東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータアイデアソンキャラバン イベントレポート(日野市・誰でも気軽に外出できる「トイレの機能情報」の充実)

2017年12月15日

日野市テーマ2

 

 

知識のインプット

チームビルディング

情報収集・課題設定

ディスカッション

中間発表

アイデアまとめ

発表

 


◇ 知識のインプット 

日野市まちづくり部都市計画課 氏家健太郎氏より「ユニバーサルデザインに配慮したトイレ」とは、どのように定義されるものなのか、トイレの定義や設置する場所を定義する法令などについて説明されました。

 

氏家氏インプット

 

また、トイレをデータ化しようとした時にデータ集約をどのように行うのか、市民と行政の連携によってバリアフリーのネットワーク化を行う必要があることが、これからの課題として説明されました。 

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ チームビルディング

Code for Tokyoの矢崎裕一氏、森脇菜津美氏がこのテーマの進行補助を担当します。

まずはインプットを聞いて感じたことを自由に書き出す時間が設けられます。

 

トイレチームビルディング

 

その後、今日1日で話し合いたい課題を挙げて整理した結果、参加者は3つにグループ分けされました。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 情報収集・課題設定

グループごとの課題設定を行うにあたり、全体進行担当の庄司氏から注意すべき点として、2020年までに「誰の」「どんな課題を」「どのくらい」「どうするのか」を意識するということが話され、それぞれのグループが課題設定のための情報収集と共有が行われます。

 

トイレ情報収集 トイレ情報収集

 

矢崎氏からは、まだ現時点では解決策を急がずに課題設定を固めることと、似たような事例がないか、データの収集を意識して調べてみるようにアドバイスが行われました。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ ディスカッション

日野市ディスカッション 日野市ディスカッション

 

午後には中間発表が待っています。

課題解決のアイデア出しに向けて、日野市職員の方や矢崎氏、森脇氏の意見を取り入れ、ゴールに向けて少しずつ形にしていくべく、ディスカッションが進んでいきます。

 

日野市ディスカッション

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 中間発表

現時点でのアイデアの検討状況を報告し、アドバイスを受けます。

 

それぞれがユニークなアイデアを検討していますが、一方で技術的に実現可能かどうかも重要な視点です。

 

トイレ中間発表 トイレ中間発表 トイレ中間発表

 

アイデアの説得力を深めるための修正点が見つかる中間発表となりました。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ アイデアまとめ 

トイレアイデアまとめ トイレアイデアまとめ  トイレアイデアまとめ

 

課題設定のキャッチーな名称にこだわりを見せるグループ、収益化にこだわりを見せるグループ、課題の解決策を練り上げたいグループと、時間が足りないと言いつつもそれぞれがグループの個性を発揮し、発表に向けて模造紙にアイデアをまとめていきます。 

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 発表

いよいよ1日をかけて導き出したアイデアの発表です。それぞれにグループごとのカラーを感じさせる模造紙に仕上がっています。

 

トイレ発表 トイレ発表  トイレ発表

 

プレゼンテーションに寸劇を加えるグループもあり、真剣さの中にも遊び心のある楽しい発表になりました。

 

全てのグループの発表が終わると、参加者同士の投票が行われ、テーマ代表が決まりました。

 

このテーマの代表は、グループ7の「日野市公共施設(トイレ)案内アプリ ぶるなび」です。

「どこかで聞いたことがある名前かもしれない」というこのアイデアは、建物内のトイレの場所を振動や音声で案内するというもので、視覚障害者が情報を得られないがために外出を諦めている現状から、自力でトイレに行くことができることを重要視して情報提供できないか、という課題設定のもと考えられています。

 

また、「全日野ブラインドトイレ探し選手権」を開催しアプリの訴求を図ることも発表内容に含まれており、「他の障害者への応用も期待できるうえ、訴求方法にまで言及していて、かつその方法が現実的だった」という評価につながりました。

 

 △ ページの先頭へ戻る


 

日野市導入 日野市テーマ2 日野市まとめ

 

 

△ アイデアソンキャラバンイベントレポートトップページに戻る