東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータアイデアソンキャラバン イベントレポート(台東区・言葉のバリアフリーや異文化理解による「おもてなし」)

2017年12月15日

台東区テーマ3

 

 

知識のインプット

チームビルディング

情報収集・課題設定

ディスカッション

中間発表

アイデアまとめ

発表

 


◇ 知識のインプット  

このテーマでは、じゃらんリサーチセンター総合プロデューサーの高橋謙太郎氏と、同プランナーの牛草智氏がインプット役を務めます。

 

観光庁や東京都の資料をもとに、訪都外国人旅行者数の推移や国・地域別の費目別旅行消費額のランキングについて説明が行われました。

 

おもてなしインプット

 

そして説明は台東区へ。東京都を訪問する外国人の多くは台東区を訪れている一方、観光消費額が減少していることが注目されます。

また、現在台東区が行っている「異文化を理解し、おもてなしを行う」重点プランの取組紹介も行われました。

 

台東区の現状と、台東区が目指しているものをインプットした参加者は、テーマに対してどのようなアイデアを創出していくのでしょうか。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ チームビルディング

このテーマでは、全体進行担当の庄司氏も所属する国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)の菊地映輝氏と永井公成氏が進行を補助します。

 

4グループが編成され、まずは自己紹介を行い、課題を見つけるという作業に入りました。各自が思い思いの課題を上げていくだけでもたくさんの課題が集まりました。

 

おもてなし・チームビルディング

 

「日本ならではのマナーについて外国人観光客には障壁があるのではないか」

「温泉(銭湯)の入り方にノウハウがあるのか?あったとしても知れ渡っているか?」

 

など、様々な意見が出されています。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 情報収集・課題設定

庄司氏から、各グループへ『2020年までに「課題」を「どのくらい」「(具体的な目標値)」にする』

という文章を作ることで、アイデアソンで取り組む課題と目標を設定するように発表がありました。

 

各グループはインターネットや東京都・台東区の公式資料から、様々な情報を集め、整理していっています。 

 

おもてなし・情報収集 おもてなし・情報収集 

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ ディスカッション

各グループはディスカッションとデータの再確認を重ねながら、中間発表を目指します。

 

全体進行の庄司氏からは、発表に向けて

「2020年までに何を、どのくらい、どうするのか?」課題を明確にすること

「東京都や台東区の実情に合っているのか?なぜその課題が重要か」を整理し、課題設定の理由を明確にすること

「何を使ってどうするのか?その結果どうなるのか?誰が、何を、どのように行うのか?」というアイデアをできるだけ具体的に考えること

「どのようにデータを活用することができるか?」を意識してアイデアをまとめること

といった4点に気を付けて話し合ってもらいたいと、グループがアイデアをまとめていく方向性が示されました。

 

おもてなし・ディスカッション

 

グループ内では自分たちが集めた情報をもとに、課題解決のアイデアの断片が見え始めてきたようです。 

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 中間発表

それぞれのグループのアイデアが現時点でどのようにまとまっているかを発表します。

高橋氏や庄司氏らから「そのアイデアの根拠になるデータをしっかり探そう」とアドバイスを受けた各グループは、最終発表へ向けてアイデアのまとめに取り掛かります。

 

おもてなし中間発表

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ アイデアまとめ 

各グループに識者やアドバイザーの方が訪れ、具体的アドバイスを受けながらこれまでのアイデアをまとめていきます。

 

それぞれグループによって少しずつ取り組み方は異なりますが、話をまとめていく人、模造紙に整理していく人など役割分担が自然と生まれていきました。

 

おもてなしアイデアまとめ おもてなしアイデアまとめ

 

アイデアソンも佳境に入り、グループごとに成果物ができあがっていきます。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 発表

とうとう今日の成果を発表する時間となりました。

 

各グループは思い思いの表現でアイデアを示していきます。それぞれ熱のこもった発表が行われ、それを聞く他のグループの参加者も真剣な表情が見られます。

 

おもてなし発表 おもてなし発表 おもてなし発表

 

全ての発表が終わると、テーマ代表を決定するための参加者同士の投票が行われます。

 

代表に選出されたのは、グループ14の「銭湯ツーリズムの情報発信」です。

 

このアイデアは、場所、料金、マナーといった銭湯の基本情報やタイアップ情報を多言語で発信し、台東区を訪れる外国人観光客を銭湯に呼び込もうというものです。

 

観光消費を振興したうえで銭湯という日本の文化も守ることができる、一石二鳥のアイデアが評価され、テーマ代表として全体に向けた発表に進むことになりました。

 

 △ ページの先頭へ戻る


  

台東区導入 台東区テーマ1 台東区テーマ2 台東区まとめ

 

 

△ アイデアソンキャラバンイベントレポートトップページに戻る