東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータアプリコンテスト開催のお知らせ

2017年12月15日

東京都では、行政が保有するデータを機械判読可能な形式により、二次利用可能なルールで公開するオープンデータの取組を進めています。

 

この取組の一環として、平成29 年(2017年)10 月から11 月に都内3 地域(台東区・日野市・八丈町)で実施した「東京都オープンデータアイデアソンキャラバン」において出されたアイデアを参考に、オープンデータを活用したWeb サービスやスマートフォンアプリケーションを広く募集します。

 

それにより、都のオープンデータの取組の浸透と利用促進を図り、官民連携で地域課題を解決していきます。

 

皆様の本コンテストへのご参加は、官民連携の大きな一助となるものです。ぜひ奮ってのご応募をお願いいたします。

 

 


 ※ 作品応募に関して寄せらせた質問への回答をこちらで公開しています。(2018.2.9(金)更新)

  (質問の受付は締切りました)

 


   審査員

   審査の観点

   審査会結果通知

 

  ※ 応募に関する詳細は作品募集要項(PDFファイル・338KB)も併せてご覧ください。

 


◇ 作品募集テーマ

1 作品につき、次の3つのテーマから1 つを選択してください。

テーマ1 子供・子育て  子育て家族がベビーカーで気軽に移動
テーマ2 障害者福祉  誰もが外出先で自分に最適なトイレを発見
テーマ3 観光  地元の隠れた観光資源を発掘し、個性として発信

 

△ ページの先頭へ 


◇ 応募者の要件

個人、グループ、法人等は問わず、誰でも何点でも応募できます。

ただし、中学生以下の方が応募される場合は、必ず保護者の許可を得たうえで応募してください。

該当する方には確認様式の書類を事務局からお送りいたします。

 

なお、審査会通過者には平成30年3月25日(日)実施の発表会・表彰式にお越しいただき、発表(プレゼンテーション)と表彰に参加していただきます。あらかじめご予定をお願いします。

 

 △ ページの先頭へ 


◇ 募集作品の要件

  1. Webサービス又はスマートフォンアプリケーションであること
  2. アイデアソンキャラバンのアイデアを何らかの形で活用(※)していること

   アイデアの詳細は参考アイデア一覧(PDFファイル・345KB)を参照してください。

   ※ 課題設定の考え方、使用するデータ、提供するサービスなど、
     アイデアのどの部分を活用するかは自由です。

  1. 東京都オープンデータカタログサイト又は東京都オープンデータアイデアソンキャラバン開催自治体のオープンデータを1つ以上使用していること

 

△ ページの先頭へ 


◇ 応募作品の取扱

  1. 応募者が作品の知的財産権等を独占的に有するものを応募してください。
  2. 応募作品の知的財産権等は応募者に帰属しますが、当コンテストやその他で東京都が必要とする場合は、東京都による作品の利用に協力してください。
  3. 応募作品を都が公式サービスとして公認、公開、頒布など実施するものではありません。

 

△ ページの先頭へ 


◇ 応募作品の提出先

東京都電子申請で受付を行っています。こちら(PCのみ)からご応募ください。

作品応募者の情報(氏名、連絡先など)や作品の詳細を申請していただきます。

 ※ 申請内容の詳細はこちらからご覧いただけます。

なお、作品応募時に添付していただく企画書(プレゼンテーション資料)の表紙は指定のpptxファイル(82KB・A4横スライド)をお使いください。

 

応募受付は平成30年3月6日(火)23:59まで実施します。

 

 △ ページの先頭へ 


◇ 作品の審査

○ 審査員(順不同)

  庄司昌彦氏写真

 庄司昌彦 氏 (審査員長)

 

東京都葛飾区生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了、修士(総合政策)。

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授のほか、一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKJP)代表理事や一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事、一般社団法人情報通信学会常務理事、東京大学公共政策大学院客員研究員等も務めている。

内閣官房オープンデータ伝道師及び総務省地域情報化アドバイザーとして、多数の地方自治体でオープンデータ提供や職員研修、アプリコンテスト等の支援、地域経済・社会におけるデータ活用の支援等を行っている。

東京都では「ICT先進都市・東京のあり方懇談会」の構成員を務め、公共データ活用に向けた提言を行った。

主な研究テーマは情報社会学、地域情報化、電子政府・電子行政、社会イノベーション、高齢社会研究など。

主な著作に『地域SNS最前線』(アスキー)などがある。

『行政&情報システム』誌で「行政情報化新時代」を連載中。

 

  及川卓也氏写真

 及川卓也

 

東京出身。早稲田大学理工学部卒。専門だった探査工学に必要だったことからコンピューターサイエンスを学ぶ。

卒業後は外資系コンピューター企業にて、研究開発業務に従事。米国マイクロソフトに派遣され、Windowsの開発を行う。

その後もWindows関連のプロジェクトに関わっていたが、どうせWindowsの仕事をするのならと、マイクロソフト株式会社(当時)に転職。 マイクロソフトではWindowsの開発を行い、最終的には日本語版と韓国語版のWindowsの開発の統括を務める。

2006年にグーグルに転職し、9年間ほどプロダクトマネージャーとエンジニアリングマネージャーとして勤務。エンジニアリングマネージャーとして、Google ChromeChrome OS、Google日本語入力の開発を行う。

2011年の東日本大震災後に、災害復興支援や防災・減災にITを活用する活動を開始。Hack For JapanおよびIT×災害コミュニティの発起人。また、個人的にスタートアップ企業や社会起業家、NPOなどに技術的なアドバイスを与えており、府中市および小金井市の「税金はどこ行った」サイトの開発も行っている。

 

  村上文洋氏写真

 村上文洋

 

株式会社三菱総合研究所 社会ICTイノベーション本部主席研究員。

1960年愛知県生まれ。

名古屋大学工学部建築学科卒業。一級建築士。

地域設計研究所、エイ・エス・ティを経て、

1988年三菱総合研究所入社。

政府の電子行政オープンデータ戦略策定などに関わる。

IT総合戦略本部 電子行政分科会構成員、

データ流通環境整備検討会 オープンデータワーキング構成員。

内閣官房オープンデータ伝道師のひとり。

一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)事務局。

専門は、電子行政、オープンデータ、ユニバーサルデザイン。

 

  矢野りん氏写真

 矢野りん

 

UI/UX デザイナー、一般社団法人画像電子学会会員。

きせかえキーボードアプリ「Simeji」の立ち上げメンバー。

バイドゥ株式会社に事業売却後、開発運用チーム代表として主にUI/UXデザイン と企画運用の現場を担当。

また、グループ会社のpopInが手がけるIoTデバイス「popIn Aladdin」のUI、コ ミュニケーションデザイン面を担当。

大学では芸術学を専攻。キュレーター資格の取得と並行してデジタルコンテンツ 制作技術(Webコンテンツ制作など)を習得。商社系プロバイダー事業の立ち上 げを経験するなど初期からデジタルメディアの制作現場に従事。

主な著書は、

『ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。』(MdN)

『WEBデザインメソッド-伝わるコンテンツのための理論と実践』(ワークスコーポレーション)

『Webレイアウトの「解法」Webデザイナーのための実践的セオリー50』』(エムディエヌコーポレーション)

『デザインのへそデザインの基礎体力を上げる50の仕事術』(エムディエヌコーポレーション)

など。

     
   

 

○ 審査の観点

  • 有用性(テーマを達成するうえで、有用な作品であるか)
  • 独創性(テーマを達成するうえで、創意工夫が認められる作品であるか)
  • オープンデータ活用性(テーマを達成するうえで、オープンデータが効果的に活用されている作品であるか)
  • 完成度(テーマを達成するうえで、商品化・サービス化できるレベルにあるか)
  • デザイン性(テーマを達成するうえで、利用しやすい操作性やユーザーインターフェースであるか)
  • 将来性(コンテスト後の作品の普及や更新等が期待できるか)

 

 

○ 審査会結果通知

平成30年3月16日(金)に審査結果をお伝えします。

 

△ ページの先頭へ 


◇ 作品の発表と表彰

審査会で選出された作品は平成30年3月25日(日)東京国際フォーラムで展示を行います。

その際には、作品応募者の方に作品のプレゼンテーションを行っていただきますので、当日お越しいただけるよう、作品応募時にご予定をお願いします。

 

プレゼンテーションを経て、最も優秀な作品に最優秀賞(知事賞)として表彰状や副賞を進呈します。

また、一般来場者による投票で決定する来場者特別賞など、その他の表彰も予定しています。

 

△ ページの先頭へ 


◇ スケジュール

平成29年  12月15日(金)  作品応募・質問受付開始
平成30年  2月16日(金)  応募者質問締切(23:59まで)
   3月6日(火)  応募締切(23:59まで)
   3月中旬  審査会
   3月16日(金)  審査会結果通知
 

 3月25日(日)

 発表会・表彰式開催

 

 △ ページの先頭へ 


◇ 資料提供

 ○ 作品募集要項(PDFファイル・338KB)

 ○ 参考アイデア一覧(PDFファイル・345KB)

 ○ 企画書(プレゼンテーション資料)表紙(pptxファイル・82KB)

 ○ 作品募集お知らせチラシ(A4両面印刷)

 

   アプリコンテストチラシ表面 アプリコンテストチラシ裏面

 

△ ページの先頭へ 


◇ 作品応募に関する質問

東京都電子申請で、平成30年2月16日(金)23:59まで受け付けています。

→質問の受付は締切りました。

  • PCから質問を送付する 
  • スマートフォンから質問を送付する

お寄せいただいた質問の回答はこちらで随時掲載しています。

 

△ ページの先頭へ 


 

 

お問合せ先

 

 東京都総務局情報通信企画部企画課(情報通信施策推進担当)

   電話:03-5388-2402

  メール:S0000013※section.metro.tokyo.jp

      (※を@に変えてメールをお送りください)